London

私のロンドン・ストリート・ストーリー

私が
舞台芸術を学ぼうと初めてロンドンを訪れたその日からすでに長い月日が過ぎました。大学を卒業し日本での演劇の勉強に何か物足りなさを感じていたある日言葉が通じるか否かなど考えず「そうだ本場でシェイクスピアを観よう!」とロンドンに旅立ったのです。私の ロンドンストーリー のはじまりでした。

ロンドンの風景は昔から粛々と守られてきた英国人の気質と多文化・
多民族の波動が折り重なり、そこに行き交う人々のながれドラマを生みだします。街角にはいつもストーリーが溢れていのです。

そんな街の魅力に引きつけられ私の記憶のシナリオから場面を切り取る
ようにロンドンの風景をアートとしても表現しました。

何気ない日常で重なり合う劇的な瞬間は、シェイクスピアのせりふでもあるこの世は舞台、我々は役者にすぎないを感じさせます。
そして、人々はそれぞれの物語をその瞬間に重ねているのです。
                                     
London street story
The motive of my works has been focusing on London city view Since 1988.I have connected with London over 10 years since I first came to this city to study the performing arts.The city gives us a feeling of drama and there are many various stories under the structure of the overlap movement in multicultural and multination.I wanted to convey those dramas so that I approached to start to cut the scenes away from my memory's script. This idea became my main technique as collage. Ofcourse there is my hope that you do enjoy to lay over your own memory throughout your life script , too.

 






 

to tokyo view( 次へ/next )